12月 1, 2015

抗インフルエンザ薬としては、ノイラミニダーゼ阻害薬を使うこともあります。ノイラミニダーゼ阻害薬は、インフルエンザのウイルスを、ダイレクトに消滅させるわけではありません。ノイラミニダーゼ阻害薬によって、ウイルスの増殖は抑えられることになります。ですから、すでにウイルスが増えてしまったあとであれば、医薬品はあまり効果がないことになります。インフルエンザを発症したら、医薬品は48時間以内に服用することになります。 インフルエンザの感染期間ですが、まずは洗剤機があります。既にインフルエンザに感染している人から、本のくしゃみ程度のことでも感染します。水分を含んだ小さな粒子が飛び出して、上気道の粘膜についてしまい、そこからは20分ほどで浸透してしまいます。感染期間は、既にここからスタートします。感染してから、実際に症状が現れる感染期間は、長いとは言えませんが、油断は禁物です。 最短時間では16時間から、長くて5日間くらいが、インフルエンザの潜伏期です。多い潜伏期間としては、2日から3日くらいです。ウイルスがと他も早い増殖速度であるために、潜在期間は短いと言われます。ウイルスの感染速度というのは、感染して8時間後には、すでに100個までにも増殖します。すでに16時間も経過すると1万個になります。そして24時間した時には、100万個というとてつもない数字にまで跳ね上がります。光のごとく速いスピードで増殖するのでインフルエンザというのは、地域などでもすごい速さで流行していきます。感染者は一気に増えますが、そのあとには減少します。ピークを迎えても、3週間から4週間で落ち着いてくるものです。日頃からのインフルエンザ予防の対策を、しっかりとすることが大事です。 [...]
Read More »

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme