2月 9, 2015

H3N2亜型とインフルエンザの関係は、A型インフルエンザの亜型の1つになります。 このタイプは、香港型とも呼ばれ、香港かぜを引き起こした有名なタイプです。 人と豚に感染するもので、人と豚の間で相互感染もします。 冬の時期になると、大流行する季節性のインフルエンザでワクチンは、次のシーズンに流行りそうなH1N1などの変異株の予想に基づいて製造されます。 香港かぜでは、1968年から翌年にかけて大流行し、おおよそ50万人の人が亡くなったとされます。 また、アメリカでも500万人の人が罹患し、そのうちの3万3千人の人が亡くなったようです。 この流行では、H3N2亜型とH2N2の両方が鳥インフルエンザと共通する遺伝子を持っていました。 その為、豚が人型と鳥型の両方に感染し、すぐに人に感染するようになりました。 2011年には、新型のH3N2亜型がアイオワ州の3人の子供に感染し、人と人の感染例としては、初めての報告になります。 このようにインフルエンザのいろんなタイプの中の1つですが、現在にまでにその脅威で有名になったものです。 今後もH3N2亜型は、豚や鳥のなかで変異を繰り返しており、現行のワクチンが有効ではなく、パンデミックを起こす脅威を持っています。 [...]
Read More »

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme