9月 28, 2014

毎年寒い季節になるとインフルエンザが流行することが多いです。 しかし、インフルエンザのウィルスは寒い季節だけでなく、一年中存在していることが分かっています。 ですが、インフルエンザにかかる人は寒い季節に多くなる傾向にあります。 寒い季節にインフルエンザが流行する理由として挙げられるのが、気温と湿度が共に低いからです。 インフルエンザのウィルスは気温が20℃よりも低く、湿度が20パーセント位の環境を好むことが実験で証明されています。 寒い季節は基本的に湿度も低いためインフルエンザのウィルスにとっては、一番生存しやすい時期と言えます。 結果、インフルエンザが流行することが多くなるわけです。 一年中存在しているインフルエンザウィルスですが、高温多湿の時期の環境では生存に適さないために、夏場インフルエンザが流行することは無いとされています。 また、寒い季節は気管や鼻の血管が収縮するので、ウィルスが体の中に入ってくるのを防いでくれる役割を持っている線毛の働きが低下しやすくなり、インフルエンザウィルスに限らず他のウィルスも体の中に入ってきやすくなるので、結果的にインフルエンザにかかる人が増加すると言われています。 [...]
Read More »

9月 21, 2014

インフルエンザは毎年冬に大流行し、小学校などでは学級閉鎖が起こるなど我々人類に大きな影響を及ぼします。 インフルエンザにはいくつか種類があり、A型・B型・C型に分類されます。 このうち、インフルエンザA型は、これらのインフルエンザの中でも最も流行性の大きなものです。 世界規模で流行するときは、A型である場合が大半を占めます。 インフルエンザにかかってしまった場合、病院で抗インフルエンザ治療薬が処方されます。 世間一般的に高く認識され、高い効果も期待される治療薬には、「タミフル」や「リレンザ」といったものがあります。 しかし、これらの薬は必ず処方されるわけではありません。 中には、自然治癒できるだろうと考えて薬を処方しないこともあります。 例えば、家族の一人がインフルエンザA型にかかっていて、自分もインフルエンザのような症状がみられる場合です。 この時、確実にインフルエンザだと思われるが症状が軽いのであれば、治療薬を服用する必要はないだろうと診断されることがあります。 抗インフルエンザ薬を服用することで、発熱期間を1日減らすことができます。 患者にとっては一日でも早く楽になりたいと思うかもしれません。 しかし、議論はあるものの軽い症状であれば自然治癒を待つということもあるのが現実です。 [...]
Read More »

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme