豚インフルエンザとその予防策としての空気清浄機

インフルエンザは誰もが恐ろしさを感じる病気の一つであり、飛沫感染を主な感染経路として広がってしまいます。その感染力の強さから瞬く間に広がってしまうのが特徴であり、高熱の発生を伴うことから体力的な負担も大きく、生命を落としてしまう人もあらわれるほどのリスクが高い病気です。インフルエンザウイルスが感染するのは人だけではないということは以前から知られてはいましたが、人への感染経路は人から人であるというのが基本的な考えとして認識されてきました。しかし、新型インフルエンザの登場により豚や鳥からも感染するインフルエンザについての理解が広まり、さらに恐ろしい病気として認識されるに至っています。H1N1型豚インフルエンザは特に注視されている新型インフルエンザの一つであり、季節性インフルエンザとして毎年流行する可能性が示唆されていることから、その予防策が練られている状況があります。ウイルス性肺炎に移行しやすいという特徴があるために、感染防止が大きな課題となるというのがこの豚インフルエンザ対策で重要な点です。少しでもリスクを減らすという考え方から空気清浄機の利用もその予防策として挙げられているものの一つとなっています。基本的には飛沫感染が感染経路であるものの、接触感染や空気感染のリスクも否定はできないという考え方があるのが実情です。空気清浄機を利用することによって空気中に滞在してしまっているウイルスの除去を行えると期待できるでしょう。それに加えて空気清浄機によってウイルスにとって生命を維持しにくい環境を作り出すことができるため、直接飛沫感染しなかったウイルスが死滅する可能性を高めることができる方法となっています。

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme