インフルエンザの岡山でのうつる状況など

インフルエンザは時期に関わらず、全国各地で発生します。特に冬は乾燥することもありますし、良く流行するので新聞やニュースなども賑わせています。岡山でも当然発生しますし、予防を怠ればうつる可能性はあります。ワクチンの効果は約5ヶ月間と長いので、まずは冬が来る前には予防接種をしておく事が大切です。

岡山でもホームページがありますので、そこでシーズン毎にインフルエンザがどんな風に流行をしているのかをチェックする事ができます。大体11月の秋の終わりから冬が始まるぐらいにかけて更新されていきますので、参考にしてみて下さい。総合的な対策や、発生状況をみて、自分の住んでいる地域やその周辺ではどのような状況になっているのか確認をし、外出の際には極力流行している地域には行かないようにしたり、マスクやアルコール消毒などの対策をするようにして、うつらないように予防をする事が大切です。

インフルエンザは予防をしていても状況によってはうつるものです。それでもなるべく少しでもうつるような状態にしないことが大事になります。随時岡山でも小中学校や幼稚園、保育園でのインフルエンザによる休校等の情報も見ることができますから、これらもあわせて確認して対策を取るようにしましょう。また、過去のデータも見ることができますから、それらも参考にする事で各家庭で予防や対策をしていけばいいのかという事も検討しやすくなります。予防についても案内がありますので、もっと効果的な方法がないかどうか、自分が出来る事があるかどうかを見ておくと参考になるでしょう。手洗いうがいなどの予防や、食事や睡眠などをしっかり取るのも有効ですし、子供の状態の確認を怠らないようにして、冬を乗り切りましょう。

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme