インフルエンザと加湿器と治る方法について

インフルエンザ対策として、加湿器を導入する過家庭は多くあります。インフルエンザは、加湿器で治るかというと、サポートにはなるものです。治ることを目的としてではなく、その前の段階の、予防対策にはもってこいです。ですから加湿器は、発症してインフルエンザが治るというよりも、戦闘能力を高めるためには、力を貸してくれるアイテムとなります。

インフルエンザ予防では、湿度という点にも関心を持つようになります。冬は空気が澄んで、夜空がそれはキレイです。ですが、空売は冷たく乾燥していて、インフルエンザが猛威を振るうには絶好のチャンスでもあります。乾燥した環境というのは、ウイルスにとって快適な環境を提供していることになります。

気温が低くて空気乾燥が激しい時期には、人間は喉を痛めやすくなります。喉にダメージをうけて、粘膜の免疫は低下していきます。その弱くなったところに、ウイルスは侵入していきます。気温が低くて乾燥している冬は、ウイルスが移動もしやすくなる時です。免疫が低下した人間の体内では、元気に活動をしてしまうことになります。

しかし、ウイルスにとって快適ではない環境にすれば、ウイルスの戦闘能力もダウンします。締め切った乾燥している部屋は、ウイルスが長時間滞在しやすくなります。ですから、室内はある程度の湿度があったほうが、断然よいということになります。そのため、室内やオフィス内は、加湿器を利用して、潤いアップをした方が良いことになります。喉もうるおいますし、お肌もうるおいます。より徹底した環境を目指すなら、空気清浄機と一緒に、加湿器を部屋の中で稼働させるといいです。ダブルのパワーで、インフルエンザをノックアウトすべく、守ってくれます。

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme